プラスact

救助ドローンによる捜索・調査・災害対応




赤外線サーモカメラ搭載無人航空機(レスキュードローン)


●赤外線サーモカメラ搭載のドローンを使った捜索活動を行っています。
(緊急の場合、管轄警察署または、消防本部、消防団・災害対策本部との調整が必要)


航空局許可番号 東空運第1272号 東空検第686号 東空運第12327号 株式会社バックカントリー 操縦士 太田毅彦

人口密集禁止区域の飛行,目視外,夜間,人建物30m以内飛行

災害対応,環境調査,空撮,警備,設備メンテナンス,自然観測,インフラ点検・保守




赤外線熱感知カメラ付きドローンにできること

・人命救助・・・行方不明者の捜索・救助活動
・動物調査・・・市街地周辺に潜む熊、猪、鹿など大型動物の調査
・災害地・・・・生存者の捜索活動、災害状況実態調査
・パトロール・・防犯警備・安全誘導(スキー場や登山道、その他施設)・設備点検
・その他・・・・空撮/報道取材/環境調査/自然観測/事故災害対応等

●費用などについては、ご依頼内容によりお見積りをさせていただきます。


※緊急を有する災害時の生存者の捜索、山や森での行方不明者の捜索、地域安全のための危険動物の調査など、
警察・消防団・地域行政からの緊急要請では、できるかぎり敏速な対応をさせていただきます。



活動地域・・・・長野県・岐阜県・富山県・新潟県・群馬県・山梨県
その他近県(関東・甲信越・中部東海・ご相談により)

普段は、山岳遭難者の救助・捜索活動で使用している赤外線サーモカメラ搭載の
小型救助ドローンを有効活用するため、緊急対応による災害救援活動を行っています。


行政又はご家族からのお問い合わせはこちらからお願いします。



■ご相談・お問い合わせフォーム




※敏速な対応のため・・・事前に各行政機関様からの防災協定などのご依頼もお受けしています。


まずはご相談ください。


■お問い合わせ




受付窓口:長野県 安曇野市
株式会社 バックカントリー + NPO法人ACT

赤外線 熱感知 サーモカメラドローン 人命救助 不明者捜索 救援事業

080-8911-5731 (緊急対応連絡・赤外線ドローン捜索担当;太田 電話は日中のみ)

PAGE TOP