登山靴と山岳テント専門店 バックカントリー穂高


Feb.2007
2月28日 ()
今朝、不動産屋の担当のTさんとお店の前で待ち合わせ。Tさんから玄関やエレベーター入り口などの鍵を受け取った。いよいよ明日から工事がはじまる。目標は、4月1日オープン。がんばるぞー。


2月27日 ()
東京へ、展示会に出かける。今回も電車ではなく高速バスを利用した。登山用具メーカー数社をまわり、夜の11時に帰宅。


2月26日 ()
また平日がはじまった。お店の準備のため、朝から打ち合わせや雑用で走り回る。ここ最近は、平日は忙しくあわただしい毎日である。しかし、やらなければならないことが沢山あって実は何も進んでいないようである。


2月25日 ()
お昼前の日差しの強い時間帯を利用して、昨日の試乗会に使用したMSRスノーシューを自宅前の駐車場に広げて乾かした。今日は朝からポカポカして気持ちがいい。乾かしている間、ぼくは車の中でしばらくお昼寝。


2月24日 ()
戸隠スノーシュー その2 MSRスノーシュー試乗会&高デッキ山からおもいっきりダウンヒル。

神戸からNさんご夫婦も参加されて、参加総勢15名。朝9時に戸隠スキー場に全員集合する。今日の天候は、弱い冬型の気圧配置のため、長野県でも北部地方にあたる戸隠は、冷たい北風が吹き、北風に運ばれて来た小雪がちらつく寒ーい1日となった。 今日は、MSRスノーシューの試乗会も兼ねているため、メーカーさんからお預かりしたDEMO機をそれぞれ参加者に配り、ひととおり今回のコースを説明したあと、スキー場のリフトを2本乗り継ぎ、瑪瑙山頂まで上がった。そこで全員スノーシューをつけて山の中に入った。

※ここで、ご注意いただきたいのだは、戸隠は、すべて国立公園に指定されているため道路や歩道、公共施設内などを外れて山の中に入るときは、林野庁に届け出て、入林許可を受けなければならない。なので、それ以外はむやみに山の中へ入ってはいけない、ということをご注意ください。

瑪瑙山山頂からは、視界は全く無く、寒い雪がちらつく中、樹林帯をくだっていく。ひとついいことがあった。それは、この寒さと、新雪で、雪質が最高のパウダースノーであること。MSRスノーシューは、斜面でのグリップ性能が優れているため、急斜面を下ったりトラバースするとき、参加者から驚きの声もチラほら聞こえる。雪質のおかげもあるけど、確かにキュッキュッと止まるので、歩きやすい。とくに、アルミフレームのライトニングアッセントは全体がアイゼンのような役割を果たすため、その性能は値段だけのことはある。まず、一つ目のピークである小デッキ山に登り、お昼過ぎには高デッキ山に到着した。









2月23日 ()
朝から、工務店さんの事務所で工事の打ち合わせ。工事の概要は、ほぼ決まり、あとは細部の打ち合わせ。材質から、表面仕上げ、塗装の色やその他もろもろを決定する。とにかく予算を抑えるため、塗装と、壁塗りはぼくが自分ですることにした。


2月22日 ()
長野県警察山岳救助隊・長野県山岳遭難防止対策協会冬山救助訓練
~乗鞍岳・乗鞍スキー場・参加総勢50名~


最終日は、斜面を使って、引き上げ、搬送訓練。









2月21日 ()
長野県警察山岳救助隊・長野県山岳遭難防止対策協会冬山救助訓練
~乗鞍岳・乗鞍スキー場・鈴蘭小屋(泊)・参加総勢50名~


訓練2日目。隊員全員、山スキーをはいて、乗鞍岳剣ケ峰を目指す。










2月20日 ()
長野県警察山岳救助隊・長野県山岳遭難防止対策協会冬山救助訓練
~乗鞍岳・乗鞍スキー場・鈴蘭小屋(泊)・参加総勢50名~


今日は、長野県警察山岳救助隊と、長野県全域の遭対協の冬山救助訓練初日。今日から3日間の日程で行われる。本日の行程は、ACTの元村さんが講師として、雪崩による遭難者の捜索、救助訓練。ぼくが所属する北ア北部遭対協からは、山岸君と元村さんが参加。ぼくも含めて3人ともACTのメンバーである。まずは、雪崩発生から、捜索に入る手順と、2次災害に備えた救助方法をくり返し訓練した。夕方は、宿舎にもどり机上講習のあと、夕食時は親睦会に花が咲いた・・・。










2月19日 ()
午前中にお得意さんへの納品を済ませ、午後には自宅に戻ってきた。明日から3日間、長野県警察山岳救助隊と、北アルプス南部、北部を含む長野県全域の遭対協、ACTからは雪崩の講師として元村さんが参加する、合同冬山救助訓練が、長野県乗鞍岳で実施される。2泊3日の合宿訓練となるため夜のミーティングが楽しみである。


2月18日 ()
今日は、朝から雨が降っていた。雪ではなく雨である。今年も、2月以降は、春のような陽気がつづき、信じられないほど暖かい。1年で最も寒い2月はいったいどこへ行ったのだろうか。15日から予定されていたNHKの番組取材のサポートは、天候があまり良くないため前々日に延期が決定した。


2月17日 ()
ぼくの山スキーブーツは、ガルモントの熱成型式のサーモインナー仕様となっている。先日、栂池スキー場に持っていったそのブーツは、まだ熱成型をしていない状態だった。はじめは軽く考えていたが、時間が経つにつれて成型前のゴツゴツしたインナーが足を圧迫して、痛くなってきた。最後には我慢の限界で滑るのをやめたほど。そのブーツの熱成型とは、インナーをドライヤーなどの熱で温めることで、やわらかくして、温かいうちにブーツに足を入れることで、足型をとることができる。メーカーやショップでは、熱成型するための専用機器があるけど、うちにはそんな機械は無い。そこで考えついたのは、インスタントラーメンのように、お湯を使って熱成型してみることだった。試しにブーツにビニール袋をつま先までしっかり入れて、中に80度ほどのお湯をいっぱいに注いでみた。なかなかいい感じである。あとは、10分ほど置いて、お湯を流すと、いい具合にやわらかくなっていた。靴下を履いたまま足を入れてバックルをしっかり締め、冷めるまで待つと、熱成型ができあがり。もう片方も同じ要領で成型し、ぼくの足にぴったりのブーツができあがった。


2月16日 ()
朝一番に、キャラバンショップに寄って、次に池袋のサンシャインで開催されているスキーの合同展示会場にいって来た。ゲレンデ用の一般スキーは無視しながら、山スキーやテレマークスキーの用具だけ一通りメーカーさんを回って担当の方と名刺を交換した。スポーツ業界の傾向としては、登山に限らず、スキー、自転車などもすべて、ヨーロッパからの輸入品は軒並み値上げ傾向にある。今後もユーロが上昇し続けると、ヨーロッパからの輸入に頼るこれらのスポーツ業界には、非常に厳しい大打撃となってくる。全ての日程を終えて、夜の7時ごろ東京を出て安曇野に帰ってきたのは11時30分をまわっていた。

キャラバンショップの今井さん、ガイド協会の研修の時にもお世話になった検定員の熊田さん。今回もお世話になりました。



2月15日 ()
東京展示会めぐり2日目、朝9時30分、ホテルを出発。マンモスマークでおなじみのマムートを取り扱うメーカーさんで、春夏用モデルと、秋冬用モデルを見せていただき、臨海副都心の国際展示会場に移動する。東京都心部は、電車での移動がスピーディー。ゴールドウィンの展示会場では、ノースフェース、ヘリーハンセンブランドの秋冬最新ウエアがずらっと並ぶ。カタログを見ながら商品をひとつずつ慎重にチェックする。とくにノースはフェースはアイテム数が多く、途中、休憩を入れながら、山岸君と2人で手分けをしてチェックした。対象の商品をすべて見終わったのは夕方の6時30分。 会場をあとに、再び電車に乗って、大塚に移動。山岳ガイドの大先生たちと飲みにいった。








2月14日 ()
朝7時55分、白馬発、新宿行きの高速バスに乗り込み、東京の展示会に向う。このバスに白馬から乗ってきた山岸君と合流した。11時30分、新宿西口でバスを降り、地下鉄で、まずは日本橋。A&Fさんの展示会会場で、ザックメーカーであるグレゴリーのザックを見て、次に目にとまったのは、山岳レスキュー用の新製品。スキーを利用して人送用のソリを簡単に作るキット。これはテストしてみたい。メーカーさんにお願いして、貸し出していただくことになった。次に向ったのは、恵比寿にあるモンベルの東京営業所。今年の秋冬用の新製品を一通り見て、最後に秋葉原でもう一軒。シューズメーカーのライケルの展示会場を見て今日の展示会めぐりは終了。最終を見終わったのは夜の8時。どっしり何冊ものカタログを入れたザックを背負い、クタクタになったぼくと山岸君は、ようやくほっとひと息入れることができた。夕食後、予約しておいたビジネスホテルに到着した時刻は、夜中の1時だった。








2月13日 ()
連休明けの平日は、雑用の嵐。今の仕事に加えて設立した会社のいろいろな手続きで朝から休みなしで走り回って夕方やっと帰ってきた。明日は山岸君と、何件かのメーカーさんや問屋さんの展示会会場に出かけるため時刻表をチェック。経費はおさえて高速バスで行くことにした。


2月12日 ()
ショップのレイアウトや商品構成など、行き詰ったときは、街にでる。朝から、松本の街をうろうろ見て回った。最近は、古い商店や蔵などを改装した、アパレルショップや、飲食店など、今までにないコンセプトのショップの出店が目立つ。そんなショップを見ていると、商品構成やレイアウト、ディスプレーなど、量販店とはあきらかに違う所があることに気がついた。ぼくが忘れていた大切なことはコレだった。それは、ぼくが以前働いていた東京新宿の一等地に本店を構える有名な大型店をそのまま小さくしただけのお店ではなく、もともと小さな事から始める名も無きショップだということ。『まだ、何もない。』ということだ。おもしろいことに気がついて、少し軌道修正ができた。


2月11日 ()
白馬栂池スキー場でスキートレーニング。早朝、自宅を出るとき、青空に少し雪雲がかかり、わずかに雪がちらついていたのが、北に行くに連れて雪は本降りとなってきた。スキー場に到着すると視界約100mくらいだろうか、駐車場からゲレンデの様子がまったく見えなかった。とりあえず、栂池スキー場の駐車場係りの詰め所で、紅茶と餡子もちをごりそうになり、うだうだ雪が止むのを待たせてもらう。その駐車場は、白馬館さんが管理されていて、そこの管理人がぼくと同じガイド組合のBさん。今日は朝から、白馬にお客さんがどんどん押し寄せてくる。いつもならBさん1人で管理されている駐車場を今日は3人ががりでお客さんの車を誘導されていた。その駐車場は、午前9時には満車になりひと段落着いたときだった。Bさんは、昨夜から降っている雪を徹夜で除雪されていたそうでねむそうだった。お昼前に雪が少し小降りになったタイミングで、ぼくはゲレンデに向かい、10本ほど一気に滑り、雪が強く降り始めたため、詰め所にもどってきて、また、お茶を飲みながら、うだうだ。 15日からの撮影班のサポートスタッフは、まだ決らず。ぼくの他に、あと2人を予定している。NHKの担当の方と2人がかりで探している状況である。しかし、天気予想も悪そうなのが心配・・・。


2月10日 ()
朝から春のような陽気で、4月上旬並みの暖かく爽やかな、南風が吹いていた。昼間は、ジャケットを着ていると汗が出てくるほど暖かく、とても厳冬の2月とは思えない気候だった。しかし、この暖かさは一時的で、明日からは、弱い冬型の気圧配置となるため、もう少しは冷え込んでくるだろう。今年の冬は暖冬で、冬らしく冷え込んだ日は、ほんとうに片手で数えるほどだった。ぼくの自宅マンションの北側の窓に霜がつくことはなく、いつも窓の外に垂れ下がるツララも一度も見なかったのは、やはり異常なのだろうか?山の雪も2000m以上の高地では、そこそこ降っているようだが、それ以下の平地にかけては雪が少なく、ほとんど降っていない。このまま春を迎え、夏に突入するとしたら、これからの気候はいったいどうなっていくのだろうか。それがまた、心配である。


2月9日 ()
西穂山荘さんからの紹介で、15日から3日間+予備日2日間の日程で、『NHKおはよう日本』という朝のニュース番組で放送するための撮影に協力することになった。テーマは、ある山岳カメラマンを紹介するということのようだ。ぼくがサポートする舞台は、厳冬の北アルプス穂高連峰を別の山から撮影するという。サポートには、ぼくの他にあと2名のガイドが必要ということで、ぼくが所属する『信州松本山岳ガイド協会やまたみ』の事務局へ人選の依頼をした。当日は、1日目に中腹でテント泊をして、2日目には、標高2200mほどの頂上付近で雪洞を掘ってそこでビバークする予定である。天候が悪くいい映像が撮れなかった場合は予備日を使ってステイすることもあるそうである。サポート隊はテント泊となると荷物もそうとう重くなるため、体力のある若くて元気なガイドを依頼した。


2月8日 ()
先日申請を出した会社の登記が完了したかどうか、確認のため松本の法務局に行ってきた。そして、会社の登記が無事完了したことを確認。
これで正式に、株式会社バックカントリーが誕生した。
ホライゾンという名称は、何軒かの会社さんやダイブショップ、カヌーショップ、旅行会社さんなどが使用されていて、似たような名称がたくさんあると、ややこしくなるため、会社名を思い切って変えることにした。現在、日本でショップや会社名として使われていない名称を前提に、お店の目的や信州・安曇野・北アルプスといった地域柄にふさわしい名前を考えた結果、『バックカントリー』という会社名が浮かんできた。英語では、『BACKCOUNTRY,Inc.』と表示し、日本では、整備されていない雪山にスキーやスノーボード、スノーシューを目的に入る行為に対して、バックカントリーという言葉を用いられることが多いようだが、海の向こうアメリカでは、バックカントリーという言葉は、裏の山、農村地域、山のもっと奥、というような意味で使われている。その反対語に、FRONTCOUNTRY(フロントカントリー)という言葉があり、表の山、手前の山、メインの山、という意味なのだそうだ。バックカントリーという名称は、北アルプス表銀座山麓の信州安曇野にピッタリだと思った。アメリカには、backcountryというアウトドアショップが存在しているが、日本版ショップは、今のところ存在していない。ホームページのドメインも、 backcountry.co.jpで申請した。4月ごろを目処に、このホームページも移行していかなければならない。何はともあれ、2007年(平成19年)1月30日に誕生(創立)した、

株式会社バックカントリー (BACKCOUNTRY,Inc.)をどうぞよろしくお願いします。





2月5日 ()~ 7日 ()
社団法人 日本山岳ガイド協会の乗鞍高原2泊3日の資格移行特別研修会

今日から3日間、ぼくが所属する『信州松本山岳ガイド協会やまたみ』のメンバー12名が『日本山岳ガイド協会資格移行研修会』に参加する。今回の研修会は、長野県の条例で定められた信州登山案内人資格者を対象に日本山岳ガイド協会が資格移行のために定められた研修会で、研修を終了し、検定をパスすると日本山岳ガイド協会公認登山ガイドという資格を取得できることになる。講師は日本山岳ガイド協会検定員の熊田さん。今回の研修会のために東京から派遣されてきた。熊田さんは、プロの国際ガイドでもあり、本場ヨーロッパアルプスでも国際ガイドとして活躍されている。初日は朝9時から始まり、協会のマニュアルに沿って各課題がすすめられていく。朝から夕方まで技能研修で、雪崩対策、救助技術、ザイルワークが主な内容。夕方は宿舎に戻り、風呂と夕食のあと、教科書を開きながらの机上研修となる。3日間とてもハードなスケジュールをこなし、3日目の夕方4時すぎに研修が終了した。
技能研修では、クライアント(お客様)の安全を最優先にした技術と、救助、搬送方法など、ときには目から鱗が飛び出るようなすばらしい最新の技術を学んだ。そして、検定には、全員が合格した。











2月4日 ()
午前中、諏訪のモンベルショップで、オープン時の商品について検討する。ぼくのお店は、小さく展示できる商品の数もかなり限られてしまう。そのため無駄なモノは置けないので、全体のバランスを考えながら、必要なモノだけに絞り込まなければならない。これは、かなり頭の痛くなる作業である。あれも、これもと考えていると、すぐにとてつもなく膨れ上がってしまうため、かなり自分をおさえこみながらの選別となるのだ。


2月3日 ()
戸隠スノーシュー その1 MSRスノーシュー試乗会&ブナ爺を見に行こう。

朝6時に自宅を出発。戸隠でスノーシューのイベントのため、現地に急いだ。7時30分に戸隠高原の小鳥の森に到着。車に積んできたMSRスノーシューのデモ機を10台降ろし、小鳥の森の玄関に並べる。小鳥の森とは、ログハウスのイタリアンレストランで、オーナーシェフの秦さんのお店である。その秦さんは、本業のからわら、地元戸隠の山岳救助隊に所属する登山ガイドのお仕事もされている。今日は、小鳥の森とホライゾンオフィスの共同企画で、MSRのメーカーさんにもご協力いただき、MSRスノーシュー試乗会も兼ねたスノーシューイベントを開催する。参加者は男女合わせて9名。ガイドは地元の秦さんとぼくの2人でご案内する。集合時間の9時、まずは、全員そろったところで、簡単なレクチャーをしたあとスキー場のリフトを2本乗り継いで瑪瑙(めのう)まで一気に上がる。スノーシューは、登りも楽しいけど、下りはもっと何倍も楽しいため、登りはリフトで短縮して、下りをたくさん楽しむのがコツなのである。
ちょうどお昼頃、目的のブナ爺に到着した。ブナ爺は、ブナ林に立つもっとも古い巨木で、ひときわ目立つ。しかし、何百年もここで風雪に耐え御木や枝がかなり痛んでしまっている。太くて立派なブナ爺は、このブナ林では、存在感があり、そばにいると、何か話しかけてくれそうな、そんな温かみを感じる。長いランチタイムのあと、再びダウンヒルを楽しみ、3時前に朝出発した戸隠スキー場にもどってきた。










2月2日 ()
ぼくのお店では、スポーツサイクルと呼ばれているマウンテンバイク、ロードバイクを扱う準備を進めている。お店にはサイクルスペースと、登山アウトドアスペースを別々にレイアウトする予定で、その道のプロの奥さんの協力で、店舗設計図がほぼできあがった。午後に、工務店の北原ウインドさんと、配管、電気設備の業者さんが、お店予定地を見に来られて、それに立ち会ったあと、家までとことこ歩いていると、以前勤めていた登山店の常連さんと出会い、いろいろ立ち話をした。その方は最近ロードバイクにはまっているそうで、もうすぐ長野から安曇野に引越して来られるそうである。『安曇野から会社までちょうど10kmなので、ロードで通勤するんですよ。』・・・・・・春が楽しみだなぁ。


2月1日 ()
会社の登記をするための書類に不備があり、数枚訂正しなければならない箇所があるという連絡を法務局の担当官さんからいただいた。その訂正しなければならない書類を作り直して、差し替えてもらうため法務局に行ってきた。とりあえず、これで大丈夫のようだけど、登記完了の日程がのびて6日になった。