登山靴と山岳テント専門店 バックカントリー穂高


BC穂高物語


< ほたか日記へ戻る >






株式会社バックカントリーは、北アルプス登山を安全に
快適に楽しんでいただくためのサポートを行っていくことを
目的に運営しています。

安曇野に拠点を置くBC穂高は、LOWA登山靴のフィティングと
登山に必要な信頼のある装備品を、正しくお使いいただけるよう

マンツーマンでのアドバイスにも重点を置いた販売を心がけています。

これから、BC穂高誕生から、現在までをご紹介させていただきます。




目 次

■BC穂高と太田 毅彦(おおた たけひこ)プロフィール
■BC穂高誕生 (1号店オープン JR穂高駅前ロータリー 1F)
■穂高駅前の小さなアウトドアショップ BC穂高
■株式会社 バックカントリー 設立 【3つの事業目的とは?】






『 太田 毅彦(おおた たけひこ)プロフィール 』





2012年 登山教室 岩場講習中 盗っ人岩にて



出身地

大阪府堺市北区新金岡町

生まれ

1968年(昭和43年) 申年



~経歴~



1986年 株式会社三峯(紳士服店)に就職
堺東UPル店~大阪店勤務・渋谷109店にて研修
ブリティッシュトラディショナル衣服のい基礎を学ぶ。

1989年 大阪を出て東京へ移住する。
高校時代の友人と運送屋さんのお仕事をはじめる。
建築資材~日産自動車部品~長距離輸送などを経験

1989年 伊豆高原大室山にてパラグライダーをはじめる。

鳥のように大空を飛ぶことが子供のころからの夢でした。
このころから空を飛ぶために山登りをはじめる。
一時はパラグライダーを職業にすることを目指すが断念。


~本格的に登山をはじめる~



1999年 カモシカスポーツ山の店・穂高店がオープン
オープン初日に安曇野へ移住し店番としてそのまま入社。
社長のダンプさんに弟子入り。登山と商売のことを学ぶ。

2000年 カモシカWebサイト担当者としてオンラインショップをオープンさせる
穂高店を一人店長で切り盛りしながら外商とオンラインショップを運営する。
当時は、360日出勤が普通だった。

2000年 LOWA タホーのベースとなったサレックというモデルをはじめて愛用する。
その履き心地に魅せられ、販売足数を増やす。当時年間200足ほど販売。

2003年 カモシカ穂高店がの売り上げが好調。
松本へ大きな店舗にバージョンアップ計画がはじまる。

2004年 カモシカ穂高店が松本へ移転を機に退職
長野県登山案内人(山岳ガイド)資格を取得
白馬山案内人組合に所属。
北アルプス北部遭対協に入隊する。

専業の登山ガイドを目指し、赤沼千史先輩の
アシスタントなどガイド修行を開始。
結婚と長女あかねちゃんの誕生。

2006年 日本山岳ガイド協会 登山ガイド資格を取得
旅行会社の山岳ガイドのかたわら、夜勤のサントリー倉庫でフォークリフト
オペレーターのアルバイトをしながら生計をたてる。



~バックカントリー誕生~



2007年 株式会社バックカントリー 設立 代表取締役社長に就任
資本金700万円で株式会社というものを作ってみた。

2007年 安曇野市穂高 JR穂高駅前ロータリーに山岳ガイド事務所兼ショップ
バックカントリー穂高オープン。
当時はショップというより登山教室を企画するガイド事務所をめざす。



『オープン当時の取引メーカー様』
モンベル・A&F・モチヅキ・ゴールドウィン・いいよネット・ケンコー社
KEM・オークリージャパン・三共スポーツ・丸紅フットウエア・マムートジャパン
マジックマウンテン・カリマージャパン・ミゾ―・エキスパートオブジャパン・
コロニルジャパン・他

『オープン3年以降後からの取引メーカー様』
タカダ貿易・パタゴニア・ロストアロー・イワタニプリムス



2008年 BC CLUB メンバーズ会員入会受付を開始。
会員数が5000人となりポイントカード式に変更
一般カード・ゴールドカード・プレミアムカードを発行する。 完全予約制に伴い 2014年に会員制度を廃止する。

2009年 お客様を集め、ショップ山岳会としてバックカントリーマウンテン倶楽部を設立
設立当時16人からはじめ、3年後には30人を超えた。現在太田は退会し名称を変えて活動中。

2010年 LOWA製品の輸入代理店 タカダ貿易社と売買契約を結びLOWAを売り始める
以前のカモシカでは、LOWAの登山靴をメインに販売し、その当時WAX加工教室もはじめていた。



2010年 この頃から登山靴で足が痛いというお客さまの対応が増え
遠方から登山靴を購入される目的でご来店されるお客さまが増えてきた。


2011年 YOUTUBE動画配信を開始
当時はiPad2で撮影・編集・投稿を1台でこなした。

2011年 1号店の同ビル2階フロア―約40坪を借りて新店舗オープン
フィッティングルームと登山教室ルームをメインにした夢のフロアを作る
フィッテイングルームにて、テント購入時に設営講習を開始する

2012年 フィッテイングルームを完全予約制に変更。登山教室基礎講座コースを開始。

2015年 安曇野市穂高東中学校 燕岳学校登山 引率はじまる
登山前講習から、子供たちが少しでも良き登山の思い出になるようサポートをしている。




~10th Anniversary ~



2017年 会社設立10周年を迎える





~10周年記念 森の中の新店舗オープン ~



2017年 穂高駅前ロータリーから6㎞山沿いの元美術館(安曇野絵本館)に移転する
さらなる登山靴フィッティングや登山教室に良い環境を求めて。

2017年 LOWA登山靴フィッティングスペースと登山学校の校舎を兼ね備えた教室スペースを作る

2017年 ドイツからLOWAカンパニーのヴェルナー・リートマン社長と

アジアセールスマネージャーのマティアス・プロイッゼルさんが訪問された。








≪TOP ↑ ≫






『 BC穂高グランドオープン(1号店 JR穂高駅前ロータリー 1F) 』



2007年4月1日 AM11:00 予定通り

マウンテンショップ・バックカントリー穂高 OPEN


ここ安曇野市の穂高にあるJR穂高駅は、北アルプスの登山口のひとつ
玄関口として、登山シーズン中は多くの登山客で賑わう。

バックカントリー穂高は、そんな穂高駅前ロータリーに目をつけた。
メインの業務は、登山教室やガイド登山のぼ企画と運営ではあるが
通りがかりの登山客にも登山用具や装備の補充をしてもらうことができる。

という計画なのだ。





オープンしてしばらくは、様子をみるためガイド登山の募集や登山教室はせず
ショップの運営に力を入れる。

営業時間を夏山シーズン中(7月~9月)午前4時~午後7時まで。
それ以外は朝6時にオープンした。

夏場でも朝4時は真っ暗で、こんな時間から営業しているお店なんて
ほかに無い。

夏山シーズンは早朝の4時台に夜行バスと夜行列車が穂高駅に登山客を乗せて
到着する。

忘れ物対応では、とくに登山靴がよく売れた。

そして、あさ4時から登山用にオリジナル登山弁当の販売を始める。


第一弾は、『ちゃあしゅうおこわ弁当』

国産の豚をはじめすべて国産食材にこだわり、近所のエイワという食品工場で
加工していただき、瞬間冷凍で鮮度を保ちながら、BC穂高では蒸し器で約20分で
販売できる状態に戻して販売した。

これは、初年度600食作り、夏が終わるころには完売した。
なかなかのヒットである。

翌年、第二弾として

『信州サーモン弁当』を開発。

ちゃあしゅうおこわ弁当と信州サーモンを400食づつ発注して
これも秋には売り切れた。

しかし、翌年の仕込みの頃、中国餃子事件が発生!

国産食材は高騰した。国産にこだわったこのお弁当は価格が2倍に
なってしまう。これでは、販売は不可能なので、お弁当の販売を終了した。






≪TOP ↑ ≫






『株式会社バックカントリー 設立 』

 

 




3つの事業目的を実現するため、2007年1月30日に創業社長 太田 毅彦が
資本金700万円にて株式会社バックカントリーを設立しました。





1つ目の事業目的 『 安全で快適な登山のための技術・知識・経験の提供 』



該当する事業は、登山教室・地元中学校学校登山の引率ボランティア・YOUTUBE動画の制作事業





2つ目の事業目的 『 安全快適登山のための道具販売 』



該当する事業は、BC穂高フィッティングルームの運営とインターネット通信販売。

快適な登山の提供事業として登山靴のフィッティング・グレゴリー大型パックのフィッティング
山岳テントの設営講習
付きの販売

登山教室参加者のための装備(エマージェンシーセット)販売




3つ目の事業目的 『 山岳遭難防止対策活動協力と救助活動の研究 』



救助活動の研究開発として、ドローンと赤外線カメラを使用して遭難者の捜索活動の研究
ドローン使用による救助活動監視と救助活動補助などの研究

遭難防止対策活動として、登山教室の運営とYOUTUBE動画にて情報の伝達事業

認定NPO法人 ACT(アクト) 正会員として、山岳遭難防止と遭難者の救助活動、災害支援活動








≪TOP ↑ ≫